稼ぎ方

【グーグルアドセンスは稼げない?】仕組みから合格基準・対策まで解説【一発合格しました】

グーグルアドセンスは稼げない?

ナヤミちゃん
【今回の悩み】
・グーグルアドセンスってどんな広告?
・そもそも稼げるの?
・どうやって合格するの?

そんな悩みを解決します!
はら

 

結論、グーグルアドセンス単体で稼ぐのは難しいです
ただし、初収益を発生させるのはアフィリエイトと比べて圧倒的に簡単です。

ブログ初心者は初収益を上げるために挑戦してみる価値はあるでしょう。

本記事では、グーグルアドセンスの仕組みから合格基準と対策まで解説していきます。

 

本記事の内容

・グーグルアドセンスの仕組み
・グーグルアドセンスのメリット・デメリット
・グーグルアドセンスの合格基準と対策

 

本記事を読むと、グーグルアドセンスに合格するポイントが分かり、ブログの初収益に繋がります
いち早く収益を発生させることで、ブログで挫折しにくくなります

 

本記事の信頼性

僕はこれまで3つのブログを運営し、200本以上の記事を執筆してきました。
前ブログは4回目、当ブログは1発でグーグルアドセンスに合格しています。

 

【グーグルアドセンスは稼げない?】仕組みを解説

google検索画面

グーグルアドセンスがどのような仕組みで収益が発生するのかを解説します。
「知っているよ」という人は飛ばしてください。

また、グーグルアドセンスは収益を発生させやすい便利な広告ですが、注意しておかなければならないことがあります。

以下の順番で解説します。

・グーグルアドセンス広告の仕組み
・グーグルアドセンスのメリット
・グーグルアドセンスのデメリット

 

グーグルアドセンス広告の仕組み

グーグルアドセンスはアフィリエイトと違い、広告をクリックされるだけで収益が発生します
またユーザーがグーグルを使用した履歴から、最も適した広告を自動的に表示してくれます。

つまりこちらで行うことは、広告のサイズを決めてブログ内に設置するだけです。
広告を選ぶ必要もありませんし、商品を売るためのセールスライティングも必要ありません。

初心者には非常に扱いやすい手軽な広告と言えるでしょう。

ただしクリック単価は30円前後と低いため、稼ぐには膨大なPVが必要になります。

 

グーグルアドセンスのメリット

簡単に収益が発生する

クリックのみで収益が発生するので、非常に手軽な広告と言えます。

他にブログで収益を発生させる方法にアフィリエイトAmazonアソシエイトがありますが、どちらも商品を売るためのセールスライティングの技術が必要になります。
どちらも初心者ではなかなか収益を発生させるのは難しいです。

その点グーグルアドセンスは簡単に初収益を上げることができます。

 

広告を選ぶ手間がない

グーグルアドセンスは、ユーザーに最適な広告を自動的に表示してくれます
これは、それぞれのユーザーがこれまでにグーグルを利用してきたデータを基にしています。

アフィリエイトやアソシエイトのように商品を選ぶ必要がありません。
その分、広告の大きさや配置を考えることが重要になってきます。

 

売るための記事を書かなくていい

商品を売る必要がないので、自分の好きな記事を書くことができます。
必要なのはPV数なので、見られる記事を積み上げていくことに集中することができます。

商品を選んだり、売るための記事を書いたりといったことが、本来の目的ではないという人もいるのではないでしょうか。
僕も始めはそうでした。

アフィリエイトサイトとなると、ちょっとうさんくさいイメージがあったんですよね。
「商品を売るために記事を書く」「危機感を煽って商品を買わせる」みたいな。
(実際そんなことはあったり、なかったりですが。)

商品を売ることが目的ではないけれど収益化したい」という方に合っている広告ですね。

 

 

グーグルアドセンスのデメリット

審査がある

便利なグーグルアドセンスですが、審査に通らないと使えません。
しかも、年々審査の基準が厳しくなっています。

審査に通るためには、記事を積み上げたりサイトの信頼性を高めたりと、対策を施す必要があります。

記事の後半で詳しく解説していきます。

 

単価が低い

グーグルアドセンスの広告単価はワンクリック30円前後です。
これはサイトのジャンルや表示された商品、時期などによっても変動します。

アフィリエイトやアソシエイトでは、1件数千円から数万円単位の案件もあるので、単価は低いと言えるでしょう。

 

稼ぐには膨大なPVが必要

グーグルアドセンス単体で稼ぐには、膨大なPV数が必要になります。
アドセンス広告のクリック率は2%あれば高いと言われています。

クリック単価30円、クリック率1%で収益を考えてみましょう。

<1万円を稼ぐには>
およそ333クリック必要で、100PVに1回クリックされるので。

333×100=33,000

1万円を稼ぐにはおよそ33,000PVが必要になります。

<10万円を稼ぐには>

単純に10倍必要なので、33万PV必要になります。
クリック率2%でも15万PVは必要です。

なかなか現実的ではないですね。
ちなみに僕はグーグルアドセンス貼ったり貼らなかったりだったのですが、1500円くらいしか稼げていません。

本当に稼ぎたいなら、アフィリエイトの運用も併せて始めましょう。

超初心者aspアイキャッチ
参考【アフィリエイトの始め方】無料&審査なしの入門ASP3選【今日から始めましょう】

続きを見る

 

広告が邪魔になる

グーグルアドセンスの広告は、基本的に記事の内容とは関係ありません

単純に関係のない広告が表示されたら、ユーザーにとっては邪魔になってしまいます。
ユーザーの利便性を考えるとマイナスになることもあるでしょう。

設置する場合は、広告を貼る位置にも気を配る必要があります。

 

クリック=離脱

単純にアドセンス広告をクリックされたということは、別のページへ移動されるということです。
その時点でブログから離脱され、他の記事を見られることもありません

さらに言えば、他の記事の魅力よりもアドセンス広告に魅力があったということです。
記事に満足してもらえて、広告もクリックされたなら万々歳ですが。

考え方によってはサイトの回遊率を下げ、離脱率を上げる結果になってしまいます。

 

 

【グーグルアドセンスは稼げない?】合格基準と対策

Google検索

アドセンス広告は、審査に合格して初めて利用することができます。
合格基準と合格するための対策について解説します。

 

グーグルアドセンスの合格基準

まず大前提として、はっきりと「こうすれば合格する」という明確な基準はありません

対策を考えるには、グーグルが明言する以下の4つの内容を基準にしましょう。

・Google Adsenseプログラムポリシー
・利用条件を満たしているか
・Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー
・Googleが掲げる10の事実

順番に解説します。

 

Google Adsenseプログラムポリシー

Google Adsenseプログラムポリシーは、「すべてのサイト運営者様に遵守していただく必要があります」と明言されている最重要のポリシーです。

・不正なコンテンツがないか
・サイトの動作はスムーズか
など

Adsenseプログラムポリシー

申請する前にサイトを確認して、ポリシーに違反している部分がないか見直してみましょう。

 

利用条件を満たしているか

Adsenseの利用条件を示しているページがあるので、こちらも確認しておくと良いでしょう。

・操作が簡単でわかりやすくなっているか
・他にはない魅力があるか
・ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか。

サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

 

Googleが掲げる10の事実

「Googleが掲げる10の事実」は、アドセンスだけでなくグーグルの基となる考え方です。
難しく考える必要はないですが、簡単に頭に入れておきましょう。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Google について | Google – Google

 

 

グーグルアドセンスに合格する対策

ネット上でも様々な憶測が立てられていますが、ブロガーがそれぞれ自身の経験を書いています。

グーグルが明示している基準と、先輩ブロガーの経験、それから僕の経験を合わせて合格の基準を考えてみます。
ちなみに僕は前サイトは4回目で合格、当サイトは1回目で合格しています。

 

サイトのコンテンツを充実させる

まず、基本的にある程度の記事数がある方が審査に通りやすいです。
10記事以下で合格した例もありますが稀なようです。

当ブログの場合は35記事掲載時に申請し、合格しました。
前ブログの場合はもっと記事数がありましたが、不合格でした。

記事の質に自身がない場合は20~30記事は書いた方が良いでしょう

 

記事の質を上げる

記事の質を上げるためには、例えば以下のことを考えてみると良いでしょう。

・文字数
・ユーザーにとって有益かどうか
・読みやすい構成になっているか

Google Adsenseに合格するために記事の質を上げるわけではないですが、ユーザー目線に立つことが大切です。
グーグルが求めているのはユーザーからの評価が高いコンテツなので、ユーザーが読みやすい記事を積み上げましょう。

文字数も明確な基準はありませんが、最低でも1,500~2,000字程度はあったほうが良いでしょう。

 

プライバシーポリシーの設置

サイトの信頼性を担保するためにも、プライバシーポリシーや問い合わせフォームはきちんと設置しておきましょう。

またアドセンス広告を利用する際は、プライバシーポリシーに以下のページの内容を記載する必要があります

サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

プライバシーとセキュリティ 必須コンテンツ

このままコピペではダメですが、ググると雛形が出てくるので探してみてくださいね。

 

禁止コンテンツに気をつける

以下のような禁止コンテンツを掲載している場合は、審査に通りません。

・違法なコンテンツ
・知的財産権の侵害
・危険または中傷的なコンテンツ
・不正行為を助長する商品やサービス
・不適切な表示に関連するコンテンツ
・露骨な性的描写を含むコンテンツ
・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
・児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ
など

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

 

再審査は2週間空ける

グーグルアドセンスの審査は、不合格でも何度も挑戦ができます。
ただし、一度落ちるとすぐに再申請しても通らないようです。

最低でも2週間は期間を空けて再申請するようにしましょう
その間に改善とコンテンツの積み上げです。

 

 

グーグルアドセンスに申請してみよう

まとめ

・アドセンスは収益が発生しやすい
・PV獲得に集中できる
・稼ぐには膨大なPVが必要
・対策して審査に合格しよう

 

はら
手軽で扱いやすい広告なので、収益が発生すると自信になります。

 

関連

現実的にアドセンス単体で稼ぐのは非常に厳しいです
アフィリエイトと併せて運用するのがおすすめです。

超初心者aspアイキャッチ
参考【アフィリエイトの始め方】無料&審査なしの入門ASP3選【今日から始めましょう】

続きを見る

-稼ぎ方
-, ,

© 2020 はらの自由帳 Powered by AFFINGER5