SEO対策 基礎知識

【初心者必見】キーワード選定とは?基本的なやり方とツールを徹底解説!

ナヤミちゃん
【今回の悩み】
・キーワード選定って何?
・狙ってるキーワードなんてないけど。
・基本的なやり方を教えて!

そんな悩みを解決します!
はら

 

キーワード選定とSEO対策を知らなければ、何十記事書いてもブログは伸びません
どれだけ魅力的な記事を書いても、アクセスする人が集まらないからです。

キーワード選定はWordpressブログの基本中の基本ですが、めちゃくちゃ奥が深いです。
本記事では基本的なやり方と必要なツールを、初心者向けに分かりやすく解説していきます。

 

本記事の内容

・キーワード選定とは?
・キーワード選定で得られる効果
・キーワード選定のツールと使い方
・キーワード選定のやり方

 

「キーワード選定」という言葉を初めて聞いた人でも、重要性と方法がイメージできます。
キーワード選定を使いこなすと、確実にブログが成長します
(むしろ知らないままでは、絶対にブログは伸びません。)

 

本記事の信頼性

僕はこれまでWordpressブログを200記事書いてきました。
実際のこれまでのキーワード選定の経験と分析をもとに解説していきます。

 

【初心者のキーワード選定1】キーワード選定とは?

知らないとブログは伸びない

キーワード選定はSEO対策と並んで、Wordpress運営の基本中の基本です。
理解しておかないとブログは伸びません。

WordPressのブログにユーザーを導くには、検索結果の上位に表示されることが必要不可欠です
上位とは1~10位、できれば3位以内に入りたいところです。

詳しくはこちらの記事でも解説しています。
【SEO対策とは?】ブログで最重要の知識をやさしく解説【超初心者向け】

 

キーワードとは、ユーザーがGoogle等の検索エンジンで打ち込むワードのことです。
ユーザーが検索するであろうキーワードを予測し、そのユーザーの悩みを解決する記事を書くことが、ブログ運営では極めて重要です。

キーワード選定は、検索結果に上位表示できる可能性のあるキーワードを選ぶことが目的です。

 

例えばこの記事が狙うキーワードは「キーワード選定 初心者」です。
「キーワード選定 初心者」というワードを検索したユーザーが訪れることを見越しています。

 

 

キーワード選定が重要な理由

絶対に勝てないキーワードがある

キーワードには、絶対に上位表示できないキーワードがあります。

以下のようなキーワードです。

・企業が上位を独占している。
・強豪アフィリエイターだらけのキーワード。

企業はお金をかけてライターを雇い、大量の記事を送り込んでいるので個人では太刀打ちできません。
強豪のアフィリエイターの記事を初心者が超えるのも現実的ではないでしょう。

例えば、「オーストラリア ツアー」というキーワードは、1ページ目も2ページ目も企業サイトに独占されています
このようなざっくりとした大きめのキーワードは個人では狙いにくいキーワードになります。

 

上位をとっても意味がないキーワードがある

需要のないキーワードは狙っても意味がありません。

いくら狙ったキーワードで1位になったとしても、検索数が0だったり月に10回程度だったらアクセスは伸びません

アクセスされないのであれば、1日書けて書いた記事も読まれません。
非常にもったいないですよね。

 

 

実際のアクセス数の伸び方

実際に僕が運営する「はら旅ブログ」でも、キーワード選定の効果が伸び方に現れています。
少し参考程度にデータを見ながら解説します。

下記は「はら旅ブログ」の訪問者数のグラフです。

ポイント

・2018年9月:Wordpress立ち上げ
・2019年10月:キーワード選定を学ぶ
→記事数も増やし、徐々に伸び始める
・2020年2月:急激に伸びる

キーワードを意識した記事は、3~4ヶ月後に伸びているのがわかります。
もちろん全てではないですが。

 

↓さらに具体的な記事で見てみます。

 

<2018年10月に書いた記事>

ケアンズへ!〜みんなでカレー作り♪〜

キーワードなんて狙ってない時代の記事です。

キーワードを狙うどころか、ただの日記です。
読んでくれる人もいるかも知れませんが、自分のことを知らない人はきっと読んでくれません。

当然現在でもアクセスはほとんどありません

 

<2019年10月に書いた記事>

ロットネスト島の行き方〜クォッカの島を自転車で巡る日帰り旅〜

この記事は「ロットネスト島 行き方」というミドルキーワードで20位以内に入りました。

今でもそれなりにアクセスを集められています。

 

 

【初心者のキーワード選定2】キーワード選定のメリット

キーワード選定によって得られるメリットは以下の4つです。

・ユーザーの悩みを明確にできる
・悩みに寄り添った記事が書ける
・狙うべきキーワードがわかる
・PV数・収益が伸びる・ブログが伸びる

順番に解説していきます。

 

ユーザーの悩みを明確にできる

ユーザーが検索するのは、悩みを解決するためです。
そして、キーワードはユーザーが検索した意図を表しています

例えば「キーワード選定 初心者」というワードで検索した人について考えてみましょう。
次のようなことが考えられます。

・キーワード選定という言葉は知っている
・しかし、あまり知識はない
・キーワード選定の意味や方法を知りたい

こんな想像ができます。
なので、あまり専門的な言葉を使いすぎても伝わらない可能性があるわけですよね。

キーワードから読み取れることはたくさんあります。

 

悩みに寄り添った記事が書ける

読者の悩みが明確になると、その悩みに絞って記事を書くことができます。
悩みがわかると、記事のゴールも明確になります

上記の例の場合だと、次のような内容が考えられます。

・キーワード選定とは?
・キーワード選定で得られる効果
・キーワード選定のツールと使い方
・キーワード選定のやり方

このようにして、本記事の内容は設定しました。
キーワード選定をしていなければ、こういった内容もブレてしまうわけです。

 

狙うべきキーワードがわかる

先に述べたように、絶対に勝てないキーワードがあります。
むしろ、そういったワードがほとんどです。
キーワード選定を行わないと、どんなに記事を書いてもヒットする記事は生まれないんですね。

キーワード選定を行うことで「検索する人が多く、かつ書いている人が少ないキーワード」を見つけ出すことができます。

キーワード選定を行っていてもなかなか難しいくらいです。
ブログを伸ばすには必須ですね。

 

PV数・収益が伸びる・ブログが伸びる

キーワード選定ができるとブログが伸びます。

検索上位をとれれば、確実に訪問者が増えるわけです。
当然収益化したい記事への流入も多くなり、収益が発生する確率も高くなります。

集客するにしても、収益化するにしても検索上位を獲得することは必須条件です。
キーワード選定はその基礎の基礎というわけです。

 

 

【初心者のキーワード選定3】ツールと使い方

初心者向けに無料で使えるツールを紹介します。

キーワード選定に必要なツールは以下の4つです。

・キーワードプランナー
・UberSuggest
・ラッコキーワード
・検索順位チェックツール

順番に解説していきます。

 

キーワードプランナー

キーワードプランナー

キーワードプランナーは、キーワードの検索ボリュームと関連キーワードを表示してくれるツールです。
キーワード選定には欠かせない必須のツールです

ただ無料で始められるのですが、少し始め方がややこしいです。
本記事では書ききれないので、別記事で導入方法と使い方を解説しました。

キーワードプランナーが使えない?無料の登録方法を徹底解説!【画像付き】

続きを見る

 

UberSuggest

UberSuggest

こちらもキーワードプランナーと同じように、検索ボリュームと関連キーワードを表示してくれるツールです。

キーワードプランナーほど登録がややこしくないので、「UberSuggest」から使ってみるのもありですね。
ただキーワードプランナーと比べると正確性が低いのと、動作が遅いのがネックです。

できるだけ早くキーワードプランナーを使いこなせるようになりましょう。

 

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、入力したキーワードから関連するキーワード候補を提案してくれる便利なツールです。

 

例えば「seo対策」で検索してみます。

ものすごい量のキーワードが提案されました。
全てのキーワードをコピーして、キーワードプランナーに貼り付けて使うと便利です。

 

検索順位チェックツール

検索順位チェックツールは、書いた記事の順位が3ヶ月後にどのようにあらわれているか確認するためのツールです。

検索順位位のチェックツールには、以下のようなものがあります。

検索順位チェッカー
順位チェック300
Rank Tracker(有料)
GRC(有料:Windows)

検索順位のチェックをしないとキーワード選定をした意味がありません

十数記事くらいなら無料ツールでもチェックできますが、何十記事と記事が増えてくる前に有料ツールを導入しましょう。
チェックツールがないと結局ブログは伸ばせないので、どこかで思い切って投資する必要があります。

 

 

【初心者のキーワード選定4】キーワード選定のやり方は?

では、実際にキーワード選定のやり方を解説していきます。

できるだけわかりやすい説明を心がけますが、初心者の方にはいきなりは難しいかもしれません。
すべてを完璧にこなさなくてもいいので、徐々に慣れていってください。

キーワード選定のやり方は以下の手順で行います。

①自分の経験から書くネタをリストアップする
②どのようなキーワードで検索されそうか考える
③関連キーワードとボリュームを調べる
④競合調査をする
⑤悩みに寄り添った記事を書く
⑥3ヶ月後に答え合わせをする

順番に解説していきます。

 

自分の経験から書くネタをリストアップする

まずは自分の経験や悩みを乗り越えたことを思い出して、ブログのネタをリストアップしてみましょう。

僕はこんな感じでリストアップしています。

これは自身のブログ経験から、立ち上げや運用で困ったことを思い出してリストアップしています。

ここから実際に、「SEOって何?」という疑問を解決する記事を考えてみます。

 

どのようなキーワードで検索されそうか考える

「SEOとは何か?」を知りたがっているユーザーは、どのようなキーワードで検索するでしょうか。

例えば次のようなキーワードが考えられます。

・SEO対策とは
・SEO対策 意味
・SEO対策 初心者
・SEO対策 やり方
など

これでなんとなくキーワードが想定できました。
でもまだ決めてしまってはダメです
これではまだ自分の頭の中の空想に過ぎません。

続いて、関連キーワードやボリュームを確認していきます。

 

関連キーワードとボリュームを調べる

キーワードプランナーで考えたキーワードを入力してみましょう。

「SEO対策」も含めた5のキーワードで調査を始めてみます。

 

5つの検索結果は最上部に表示されます。

始めに狙うキーワードは検索ボリューム10~100、競合性「低」が良いでしょう
この中では「SEO 対策 意味」が良さそうです。

他に提案された「キーワード候補」も確認してみましょう。

 

ずらりとキーワードが並ぶので、その中から「ボリューム:10~100、競合性:低」を見つけます。
これらの中のどれかのキーワードを選びましょう。

せっかくここで調査をしたので、他の記事のネタにできそうなものはメモしておきましょう
次のネタを考える時に、かなりのショートカットになります。

でも、まだ決定ではありません。
もう一つだけ確かめなければならないことがあります。

 

競合調査をする

選んだキーワードの上位に表示されているサイトを確認しましょう。

せっかく選んだキーワードの1ページ目が企業だらけだったら、記事を書いても勝てません。
記事を書く前から負けが決まっているわけです。

ついでに上位サイトのタイトルや導入分、内容をちらっと見ておくと書くべき内容がわかります。
特にターゲット設定やどのような読者の悩みを想定しているかを確認しておくと、参考になります。

上位表示されているサイトは、いわばGoogleが出した正解です。
ぜひ自分の記事にも取り入れましょう。
(ただし、コピペはだめです。)

 

これで戦えそうなら、晴れてキーワードは決定です。
長かったですね、お疲れさまでした。

これで見違えるほど読者に寄り添った記事ができあがるはずです。

 

 

関連

手っ取り早くブログを育てたいのなら、有料テーマを導入しましょう。
集客や収益化には必要な投資ですし、テーマは一度決めてしまうと変更が大変です。

様々な便利な機能や高いSEO効果が得られ、最短でブログを伸ばすことができます

AFFINGER5レビューのアイキャッチ
【当サイト限定特典あり】AFFINGER5の使い心地を徹底レビュー【2ヶ月目で収益月5桁達成】

続きを見る

 

初心者はまずキーワード選定を学ぼう

まとめ

・キーワード選定しないと書く前に負ける
・ツールを使いこなそう
・「ボリューム10~100、競合性(低)」が狙い目
・読者の悩みを具体的に想定しよう

 

はら
初心者の方には難しい内容かもしれません。
できる範囲から意識してみてくださいね。

 

関連

アフィリエイトはブログ収益化の第一歩です。
運営に慣れてきたら、始めてみましょう。

超初心者aspアイキャッチ
【アフィリエイトの始め方】無料&審査なしの入門ASP3選【今日から始めましょう】

続きを見る

-SEO対策, 基礎知識
-, , ,

© 2020 はらの自由帳 Powered by AFFINGER5