はらのプロフィール

はらプロフィール

 

「縛られたくない」「怒られたくない」「求められたくない」「否定されたくない」。

これが、僕の全てです。

 

フリーランスとして独立し、学校に行かない子どもたちとワイワイと遊びながら人生を生きています。

 

パソコン一台で仕事ができて、世界中のどこでも暮らせて、時間にもお金にも縛られず自由に生きる。

そんな生き方を実現する過程を発信しています。

 

 

 

はら
改めて初めまして、はらです!

 

このページでは、はらのプロフィールを紹介します。

本記事の内容

・はらの基本情報
・このブログについて
・はらの実績
・はらの生い立ち

 

このブログの信頼性の担保になればいいかな、と思います。
あまり硬くならずに読んでいただければ嬉しいです(^^)

 

簡単な自己紹介

はらブログカード

「オカリナ吹きの旅人ブロガー」

 

<基本情報>

名前:はら
年齢:29歳(既婚)
性別:男
出身:滋賀県

<職業>
フリーライター、ブロガー、旅人、不登校の子どもの居場所

<経歴>
日本一周→小学校の先生→海外270日間一人旅→再び小学校の先生
→適応障害で休職→ブログをガチる→フリーライターとして独立

<趣味>
旅、ブログ、オカリナ、テニス、
ボルダリング、読書、漫画、ゲーム、映画
etc・・・

<好きな漫画>
名探偵コナン、ONE PIECE、ドラゴンボール、
キングダム、NARUTO、ハンター×ハンター、
東京喰種、鬼滅の刃、ヒロアカ、
BLEACH、アイシールド21
etc・・・

 

仕事とか、人とか、場所に縛られるのが嫌で独立しました!
今はパソコン一台で食っていけるよう、奮闘中です。

一人旅が好きで、自由に生きたい旅人です。
世界中でオカリナ吹いて、稼いだお金で旅をしました。

 

 

「はらの自由帳」について

当ブログ「はらの自由帳」は、僕が立ち上げた3つ目のサイトになります。

前ブログ「はら旅ブログ」にて200を超える記事を執筆した経験を生かして立ち上げました。
初心者ブロガーをお助けする情報を詰め込んでいきます。

 

こんな人向け

「はらの自由帳」はこんな人に向けて書いていきます。

・Wordpressを始めたい人
・Wordpressの初心者
・Wordpressの中級者
・ブログを収益化したい人
・パソコン1台で生きていきたい人
・仕事を辞めて独立したい人

このような人にとって価値がある情報を発信していきます。

 

ブログを運営する思い

読んだ人にこんな風になってもらいたいなと思って運営しています。

・Wordpressが始められた!
・Wordpressの「?」がわかった!
・Wordpress運用のコツがわかった!
・Wordpressが楽しい!
・Wordpressで稼げるようになった!
・自由な生き方ができるようになった!

どれか一つでも感じてもらえたらこのサイトを運営している意味があるし、嬉しい限りです。

 

ちなみに僕がブログをやる理由は、こちらの記事で語っています。

ブログって何のためにやるの?
ブログって、何のためにやるの?っていう話【はらがブログをやる理由】

続きを見る

 

当ブログのコンテンツ

当ブログで発信していくコンテンツは以下のようなものです。

・Wordpressの開設方法
・Wordpressの知識
・Wordpressの運用方法
・Wordpressの稼ぎ方
・SEO対策
・ブログ論

今後どんどん更新していきます。

 

 

はらの実績

ブログの実績

・ブログ運営3サイト目
(無料ブログ1・Wordpress2)

・前サイト『はら旅ブログ〜旅するように自由に生きる〜』
内容:旅×フリーランス×鬱
記事数:200記事
PV数:月間6,000PV
収益:5桁
アフィリエイト:A8パールランク

 

ライター実績

・クラウドソーシング収益:6桁
・Lancers認定ランサー
・地域リポーター
・その他取材・執筆案件多数

 

一人旅の実績

・日本一周
47都道府県制覇、9割車中泊

・カンボジアボランティア
小学校の壁のペンキ塗り(10日間)

・海外一人旅270日
フィリピン留学3ヶ月、オーストラリア一周3ヶ月
南米陸路旅3ヶ月、アメリカ旅

・その他旅行、国内ボランティアetc・・・

1ミリでも旅に興味がある人は「はら旅ブログ」へ。
一人旅のノウハウと知識を160記事に渡って綴っています。

 

その他の実績

・Instagram(@hara_blo):フォロワー2,000人
・Twitter(@hara_blo):フォロワー1,000人
・Kindle著書出版:『旅に出る覚悟』

 

 

はらの生い立ち

「お前誰だよ」って感じですよね。

今現在僕は社会のしんどさから離れて、フリーライターとして自由に生きています。
もちろん最初からそんなつもりはなくて、紆余曲折があって今に至ります。

ここからは、自分の中の気持ちや人生のアウトプットとして残しておこうと思います。

興味があれば読んでみてください。

 

高校生まで夢も目標もなかった

小学校・中学校と、割と真面目に大人しく育ってきました。
別に夢とか目標とかもなくて、ただ毎日流れていく感じの日々です。

高校の部活も次に入ってくる後輩が強そうだったので辞めました。
コンビニのバイトに明け暮れます。
高校生活は楽しくなくて、ピアスとか開けてみたり。

中学での成績は中の上くらい。
高校は賢くない学校だったので、ちょっと上の方に上がりました。

 

幼稚園・小学校教諭を目指す

大学への進路を考え始めた時、特にやりたいことがありませんでした。

仕事に繋がりそうで楽しかったことと言えば、中学校の時によく行っていた幼稚園での交流でした。
ということで、やんわりと幼稚園教諭を目指すことに。

賢くないなりに勉強して、児童教育のコースのある大学に受かりました。
あれやこれやあって小学校教諭を目指すようになります。

 

初海外でカンボジアへ

大学3回生になるまで、海外には微塵も興味がありませんでした。

中学の頃から英語が苦手すぎて、嫌いすぎて。
大学で強制的に受けさせられたTOEICは180点。
4択問題なのに4分の1も取れず。

でも、3回生で教授からカンボジアボランティアのお誘いがありました。

海外には興味なかったものの、「カンボジア」という聞き慣れないフレーズに興味が湧きました。
ちょっと珍しそうだから、行ってみようかなと。

これが僕の人生を大きく変えるきっかけになりました。

日本とは違う世界。
ぶっちゃけ、汚かった。臭かった。
バイクは3人乗り、4人乗り。
商品には値札がない。
言葉は通じない。

ボランティアは、小学校の壁のペンキを塗るというものでした。
カンボジアの子どもたち、素直で人見知りせず、休みの日なのに熱心に手伝ってくれた。
言葉は通じなくても、交流できた。楽しかった。

でも、小学校を卒業できずに働きに出なくちゃいけない子もいて。
来る途中のガソリンスタンドでも、子どもが物を売りに来てたのを思い出す。

日本人として、考えさせられることがたくさんあった。
自分の中の狭い世界が広がった旅でした。

 

採用試験に落ち、日本一周

大学4回生、小学校教諭になるための試験で落ちました。

周りのみんなが2次試験に向けて頑張る中、一緒に面接練習に参加したりもしましたが、虚しくなるばかり。

大学生活ももう半年か。
社会人になったら、休みも取れなくなるのかな。
何か、学生最後に大きなことをしたいな。

思い立ったのが、日本一周でした。
バイトも上の方のポジションになっていたのですが、「クビにしてもらっていいので、3週間休みをください」と無理矢理休みました。

父の車に布団を積み込み、車中泊で一人旅に出発です。
これまた人生を大きく変える旅でした。

誰にも指図されず、誰にも合わせず、自分で進路を決めて進む旅。
この度で、一人旅の魅力に目覚めました。

もっと日本のことが知りたい。
47都道府県を回ったら、海外も見てみたくなりました。

でも働き始めたら行けなくなるなぁ、とモヤモヤしていました。

 

小学校講師をやめて270日間の海外一人旅へ

大学を卒業して、臨時講師として小学校で働きました。

うまくいかないことだらけで、毎日残業して、それでも充実した毎日でした。
もう一度採用試験に挑戦しましたが、再び不合格。

今思うと「海外に行きたい」という思いが、捨て切れていなかったのかなぁとも思います。
2年目は試験を受けず、次の年から留学に行くことを決めました。

臨時講師をやめて二日後、フィリピンに飛びました。
初めての海外一人旅で、フィリピン留学・オーストラリア一周・南米・アメリカと270日間の旅となりました。

あまりにも多くのものと出会い、多くの人と出会い、これまた僕の人生に大きな影響を与える旅でした。

日本を出ていきなり、フィリピンの空港で大停電が起こり、乗り換え便が取れず40時間閉じ込められたり。
野宿やヒッチハイクを経験したり。
趣味のオカリナを吹いて、南米への飛行機代を稼いだり。
初心者のくせに6,000mの山に登ってみたり。

自由であることの困難と、自由だからこその挑戦に溢れた旅でした。

 

4回目にして試験に受かるも、鬱で休職

帰国後、再び小学校に勤めます。
3回目の試験にまた落ち、4回目でなんとか合格しました。
結婚もして、順風満帆の人生がスタートです。

が、正式に教諭として採用された学校で、適応障害にかかります。

職場の人間関係に悩み、出勤することがだんだん苦痛になりました。
食事が取れなくなり、夜眠れなくなり、朝起きられなくなりました。
常に仕事の不安で頭がいっぱいで、家での妻との会話もできなくなっていました。

心療内科を受診し、休職することが決まりました。

 

気を紛らわすため、ブログに没頭する

仕事に行けなくなり、子どもたちへの罪悪感と、自己嫌悪に押し潰されそうになる毎日。

そんな気分を紛らわすことができたのがブログでした。
ブログに熱中している間は、仕事の不安を頭から追い出すことができました。

ブログは海外へ経つ前、旅の記録用に立ち上げたものです。
でも、現地では旅が楽しすぎたのでブログは書けず、挫折しました。
数ヶ月に何本か書く、1年半放置、そんな感じでした。

休職中の半年でブログの記事は200を超えました。
こんなに自分がブログに熱中できるとは思ってもいませんでしたね。

休職したおかげブログに出会えたんだなぁ、と今では思います。
自分の時間が持てて、したいことに没頭できました。
出勤していた頃は、時間外労働が月100時間を超えるような働き方で、正直自分の時間はなかったです。

余裕がなかったうちはそんなことにも気づかず、ただ我慢するのが当たり前になっていました。
いっぱいいっぱいでは流されることしかできないんだな、と気がつきました。

 

仕事への疑問が溢れる、教師を辞めることを決意

休職は、自分の人生を見つめ直す時間になりました。

自分の時間が世の中に搾取されていたこと。
自分が人に合わせて生きていきたこと。
自分のしたいことができていなかったこと。
自分のしたいことが何かすらわかっていなかったこと。
自分がずっと我慢していたこと。
自分の時間こそが人生なのだということ。
人生もっと気楽に考えていいんだということ。
人生はもっと自由でいいんだということ。

子どもたちとやり直したかったし、復帰したいと思っていました。
でも休職期間を経て、きっと自分では子どもたちを幸せにできないと思いました。

考えれば考えるほど、いろんな疑問が浮かびました。
子どもを教育・指導すること。
子どもを叱ること、ルールで縛ること。
自分が納得できないことを子どもに押し付けていること。
どれもこれも自分の中で引っかかることばかり。

教師に戻ることはやめました。
子どもたちに対しては罪悪感しかありません。
でも、もう戻るべきではないと思いました。

 

ブログの経験を生かし、フリーライターとして独立

適応障害になり、自分の働き方を見つめ直しました。

人間関係に苦しみ体調を崩したことで、自分の性格についてもわかったことがあります。
どんな会社であろうと組織であろうと、環境が悪ければきっと同じことの繰り返しです。

もう就職することは無理だと考えました。
そうしてフリーランスとして独立する道を探しました。

半年もブログを運営していると、ブログで生計を立てている人もたくさん見てきました。
最終的に目指したいところは、やはりそこでした。
でも、簡単に食っていける世界ではありません。

半年間で文章を書くスキルは身についてきたつもりだったので、フリーライターを目指すことにしました。
ライターの先生のセミナーにも通い、フリーランスのノウハウも吸収しました。

開業届も出し、今では正式にフリーランスのライターとして独立しています。

現在はライターの仕事をこなしながら文章スキルをさらに高め、ブログ1本で食べていけるように試行錯誤しています。

 

はら
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
このような経験を生かして、ブログを書いています。

少しでも役に立てる情報を発信していくので、今後もよろしくお願いします!

 

ブログって何のためにやるの?
関連ブログって、何のためにやるの?っていう話【はらがブログをやる理由】

続きを見る

 

トップページへ

 

© 2020 はらの自由帳 Powered by AFFINGER5