フリーランス

はらのバケットリスト〜やりたいこと100リストの作り方〜

 

 

こんにちは、はらです。

 

今回は、
「バケットリスト」
作り方とそのコツを紹介します。

「バケットリスト」とは
「死ぬまでにしたい
100のリスト」のこと。

 

いざ「やりたいことは何?」と聞かれても、
思った以上に出てこないもの。
「自分はどうなりたいんだ?」と
とことん考えるきっかけになるでしょう。

 

こんな人のために

・自分のやりたいことを見つけたい
・自分と向き合いたい
・今の自分にモヤモヤしている
・「やりたいことリスト100」を
作ってみたいけど、作り方がわからない
・100個も絶対に見つからない

 

 

はらのバケットリスト公開!

1  フィンランドに移住した
2  子どもをフィンランドの保育園、学校に通わせた
3  フリーランスになった
4  ノマドライフを送れるようになった
5  英語を話せるようになった
6  英語を書けるようになった
7  ゲストハウスを開いた
8  仕事を辞めた
9  父になった
10 全自動コーヒーメーカーを買った
11 電子書籍を出版した
12 書籍を出版した
13 講演会を開いた
14 世界中のディズニーランドを回った
15 世界一周した
16 自転車を買った
17 自転車で琵琶湖を一周した
18 小笠原諸島へ行った
19 知床クルーズに乗った
20 屋久島へ行った
21 フルマラソンを完走した
22 ウルトラマラソンを完走した
23 南極へ行った
24 MacBook Proを買った
25 キャンピングカーを買った
26 ランクルを買った
27 ジープを買った
28 ロードスターを買った
29 ミニマム財布を買った
30 日本の教育を変えた
31 フリースクールを作った
32 東京オリンピックを見た
33 オリンピックに出場した
34 テレビに出演した
35 ダイビングのアドバンスライセンスを取得した
36 妻がダイビングライセンスを取得した
37 船舶免許を取った
38 めちゃくちゃ高性能なドローンを買った
39 ダイビングで難破船を見た
40 Go Proを買った
41 宇宙へ行った
42 ブログのPV数が1日1万件になった
43 インフルエンサーになった
44 世界の難民を救った
45 世界の貧困をなくした
46 世界の環境問題を解決した
47 自分で作った作品がメルカリで売れた
48 自分のブランドを立ち上げた
49 友だちを世界一周に駆り立てた
50 超健康な体を手に入れた

51 タイムトラベルをした
52 魔法が使えるようになった
53 信楽でたぬきを作った
54 芸能人と友だちになった
55 阿部サダヲと友だちになった
56 バク宙ができるようになった
57 パルクールを始めた
58 ハリウッドスターと友だちになった
59 月に行った
60 火星に行った
61 インスタのフォロワーが1万人を超えた
62 Youtuberになった
63 eスポーツの大会に出た
64 漫画に自分が登場した
65 海外セレブと友だちになった
66 海中ホテルに泊まった
67 オーロラを見た
68 エベレスト登頂に成功した
69 スカイダイビングをした
70 バンジージャンプをした
71 全ての国に友だちができた
72 自分の子どもが結婚した
73 おじいちゃんになった
74 夫婦で世界一周をした
75 家族で世界一周をした
76 子どもが世界一周をした
77 会社を立ち上げた
78 高橋歩さんと友だちになった
79 高橋歩さんと旅をした
80 人見知りを克服した
81 話し上手になった
82 自給自足の生活を手に入れた
83 姉と喋れるようになった
84 父と一緒に酒を飲んだ
85 父・母・姉と旅行に行った
86 ゾウに乗った
87 キリンに乗った
88 ライオンに乗った
89 ハイラックスを買った
90 両親に恩返しをした
91 両親の死に目にあった
92
93
94
95
96
97
98
99
100 「幸せな人生だったな」と思いながら元気な妻に看取られた

 

 

「バケットリスト」の作り方

「バケットリスト」を考える基準

では、今回作るリストを
考える基準を設定します。

 

今回設定したリストの基準

今回設定したリストの基準
1. 明日死ぬとしたら、やりたいことは何か?
2. どんなことでも絶対成功するとしたら、何がしたいか?
3. 『お金、時間、場所、人』に縛られなかったら、何がしたいか?
4.ドラゴンボールが7つ揃って神龍に、
「願いを100個叶えてやろう」と言われたら?

現実にはいろんな
しがらみや縛りがあって、
躊躇したり、諦めたりしてしまうことでも、
「なんでも叶うとしたら?」
というスタンスで考えてみましょう。

本当に自分がしたかったこと、
望んでいたことを掘り起こす
きっかけになるでしょう。

 

 

作るときに意識したいポイント

書く時のポイントは過去形で書くことです。

「バケットリスト」は
すべて過去形で書いていきましょう。

「〜した」と願いがかなった自分を
想像しながら書くと、
本当に叶ったような気分になって
書いていくのが楽しくなりますよ。

 

 

「バケットリスト」を作る工程

リストを書く手順

1.思いつく限り50個絞り出す
2.大まかに項目に分ける
3.残りの50個を考える
4.ふりかえる

 

基本的に書き方に正解はなくて、
項目分けしてから書いたり、
思いつきで書いたりと、
色々と方法があると思います。

僕がオススメする方法は、
「思いつく限り50」
まずは絞り出してみること。

50個とは半分ですが、
想像以上に思い浮かばないものです。

 

そして、50個を絞り出せたら
項目に分けてみましょう。
(30でも40でも構いません)

僕は50のリストを
自分なりに項目分けしてみると、
4つの項目に分けられました。
・したいこと
・なりたい姿
・行きたい場所
・欲しいもの

こういった項目分けも、
人によっていろんな分け方が
できると思うので、
自分なりの項目で構いません。

 

 

 

実際にバケットリストを作ってみた

では、実際に僕が行った
リスト作りを紹介していきます。

まずは、「思いつく限り50」を
考えてみます。

思いつく限り50個書き出す

1  フィンランドに移住した
2  子どもをフィンランドの保育園、学校に通わせた
3  フリーランスになった
4  ノマドライフを送れるようになった
5  英語を話せるようになった
6  英語を書けるようになった
7  ゲストハウスを開いた
8  仕事を辞めた
9  父になった
10 全自動コーヒーメーカーを買った
11 電子書籍を出版した
12 書籍を出版した
13 講演会を開いた
14 世界中のディズニーランドを回った
15 世界一周した
16 自転車を買った
17 自転車で琵琶湖を一周した
18 小笠原諸島へ行った
19 知床クルーズに乗った
20 屋久島へ行った
21 フルマラソンを完走した
22 ウルトラマラソンを完走した
23 南極へ行った
24 MacBook Proを買った
25 キャンピングカーを買った
26 ランクルを買った
27 ジープを買った
28 ロードスターを買った
29 ミニマム財布を買った
30 日本の教育を変えた
31 フリースクールを作った
32 東京オリンピックを見た
33 オリンピックに出場した
34 テレビに出演した
35 ダイビングのアドバンスライセンスを取得した
36 妻がダイビングライセンスを取得した
37 船舶免許を取った
38 めちゃくちゃ高性能なドローンを買った
39 ダイビングで難破船を見た
40 Go Proを買った
41 宇宙へ行った
42 ブログのPV数が1日1万件になった
43 インフルエンサーになった
44 世界の難民を救った
45 世界の貧困をなくした
46 世界の環境問題を解決した
47 自分で作った作品がメルカリで売れた
48 自分のブランドを立ち上げた
49 友だちを世界一周に駆り立てた
50 超健康な体を手に入れた

 

 

「やりたいこと」を項目で分ける

もうここまで考えるだけで
ワクワクが止まりませんね。
めちゃくちゃ楽しいです。

しかし、やっぱり50個考えるのは
思っていた以上に出てこないものです。
「やりたい欲」は高い方だと
思うのですが。

とにかく、あることないこと
好き放題、自由に書いていきましょう。

さぁ、ここまでの50を見て、
「どんな分け方ができそうか」考えました。

というわけで僕が考えた項目は
・したいこと
・なりたい姿
・行きたい場所
・欲しいもの
に決めました。

単純でわかりやすくていいかなと。

では、項目分けしてみます。

 

 

・したいこと

1  フィンランドに移住した
2  子どもをフィンランドの保育園、学校に通わせた
7  ゲストハウスを開いた
8  仕事を辞めた
11 電子書籍を出版した
12 書籍を出版した
13 講演会を開いた
14 世界中のディズニーランドを回った
15 世界一周した
17 自転車でビワイチした
19 知床クルーズに乗った
21 フルマラソンを完走した
22 ウルトラマラソンを完走した
30 日本の教育を変えた
31 フリースクールを作った
32 東京オリンピックを見た
33 オリンピックに出場した
34 テレビに出演した
35 ダイビングのアドバンスライセンスを取得した
36 妻がダイビングライセンスを取得した
37 船舶免許を取った
39 ダイビングで難破船を見た
41 宇宙へ行った
42 ブログのPV数が1日1万件になった
44 世界の難民を救った
45 世界の貧困をなくした
46 世界の環境問題を解決した
47 自分で作った作品がメルカリで売れた
48 自分のブランドを立ち上げた
49 友だちを世界一周に駆り立てた

 

・なりたい姿

3  フリーランスになった
4  ノマドライフを送れるようになった
5  英語を話せるようになった
6  英語を書けるようになった
9  父になった
43 インフルエンサーになった
50 超健康な体になった

 

・行きたい場所

18 小笠原諸島へ行った
20 屋久島へ行った
23 南極へ行った

 

・欲しいもの

10 全自動コーヒーメーカーを買った
16 自転車を買った
24 MacBook Proを買った
25 キャンピングカーを買った
26 ランクルを買った
27 ジープを買った
28 ロードスターを買った
29 ミニマム財布を買った
38 めちゃくちゃ高性能なドローンを買った
40 Go Proを買った

 

分け方が曖昧にも感じますが、
大まかこのように分けられました。

思ったよりも「行きたい場所」が
少ないですね。

実際は、世界一周が「したいこと」なので、
行きたいところはたくさんあります。

さて、分類をしていると
頭の中で「やたいこと」が次々と
浮かんできました。

分類することによって、
関連した「やりたいこと」が
芋づる式に思い浮かんでくるのです。

では、残りを考えてみましょう。

 

 

「バケットリスト」完成!

残りの50のリストがこちら。

51 タイムトラベルをした
52 魔法が使えるようになった
53 信楽でたぬきを作った
54 芸能人と友だちになった
55 阿部サダヲと友だちになった
56 バク宙ができるようになった
57 パルクールを始めた
58 ハリウッドスターと友だちになった
59 月に行った
60 火星に行った
61 インスタのフォロワーが1万人を超えた
62 Youtuberになった
63 eスポーツの大会に出た
64 漫画に自分が登場した
65 海外セレブと友だちになった
66 海中ホテルに泊まった
67 オーロラを見た
68 エベレスト登頂に成功した
69 スカイダイビングをした
70 バンジージャンプをした
71 全ての国に友だちができた
72 自分の子どもが結婚した
73 おじいちゃんになった
74 夫婦で世界一周をした
75 家族で世界一周をした
76 子どもが世界一周をした
77 会社を立ち上げた
78 高橋歩さんと友だちになった
79 高橋歩さんと旅をした
80 人見知りを克服した
81 話し上手になった
82 自給自足の生活を手に入れた
83 姉と喋れるようになった
84 父と一緒に酒を飲んだ
85 父・母・姉と旅行に行った
86 ゾウに乗った
87 キリンに乗った
88 ライオンに乗った
89 ハイラックスを買った
90 両親に恩返しをした
91 両親の死に目にあった
92
93
94
95
96
97
98
99
100 「幸せな人生だったな」と思いながら元気な妻に看取られた

 

 

「バケットリスト」を作って見えたもの

なんだか50以降は
本当に自分と向き合う時間でした。

つまらない欲ばかりだったリストから、
本当に自分が望んでいるもの
今自分が向き合えていないもの
見えてきます。

ワクワクするだけじゃなくて、
本当の自分が見えてきた気がします。

 

このリストを作って気づいたこと。
それは、バケットリストの目的が
「やりたいことを見つけること」ではなく、
「自分と深く向き合うこと」
ではないかということです。

 

僕は92〜99が空白です。
これから見つけていけばいいかと思っています。
そして、きっとすぐに埋まるでしょう。

「やりたいこと100リスト」は
時々考え、更新していくのも
いいのではないでしょうか。

自分を見直すきっかけにもなるでしょう。

 

 

まとめ

バケットリストのポイント

・「なんでもできるとしたら?」と考えよう!
・過去形で作ろう!
・項目分けをすると見つけやすい!
・自分と深く向き合うことができる!

 

「バケットリスト」を作ってみたら、
新しい自分が見えてくるかもしれません。

ぜひ、あなたも
「バケットリスト」を
作ってみては?

 

-フリーランス
-, , , , ,

© 2020 はらの自由帳 Powered by AFFINGER5